くらし情報『「〇〇すべき」に苦しんでない? 自分も相手も責めない生き方とは』

2019年6月18日 07:20

「〇〇すべき」に苦しんでない? 自分も相手も責めない生き方とは

ショックを受ける人

「べき思考」は手放すことで心がラクになると、認知療法の世界では一般的になっています。

「何かをしよう」というのと「何かをすべきだ」というのは大きく異なります。「しよう」というのは「やれたらいいな」ですが、「べき」は「やらなければいけない」。できなければ「ダメ」という感情が生まれます。

たとえば朝早く起きることについて、「頑張って起きよう」ならよいのですが、「早く起きるべきだ」となってしまうと、起きられなかったときに自分を責めることになります。

相手に対しても同様です。何でもよいので、目の前の人に対し「〇〇すべき」と感じてみてください。そして相手がそれをしなかったときの落胆感、あるいは腹立たしさといったネガティブ感情を想像してみましょう。

そうです、最初から「〇〇すべき」と思わないという選択肢もあったのです。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る
川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.