くらし情報『自己肯定感を上げる「注意力トレーニング」。その方法は?』

2019年6月19日 07:20

自己肯定感を上げる「注意力トレーニング」。その方法は?

研究する人

メタ認知とは直訳すると「認知を超えた認知」、もう少し実際的な意味では「認知に対する認知」という意味です。たとえば「これはお茶だ」。これは認知です。

メタ認知というのは、「私は湯のみ茶碗に入っている透明で緑色で、そこに何かが沈殿している液体を見ているからお茶だと感じている」。ここまで分析するとメタ認知ということになります。

自分が何かを見て、何かを感じたことに対して、もう一度客観的な分析を加える目線を持つのがメタ認知です。

では「自分はダメだ」という認知をメタ認知で見てみると、「昔、こういうことで何度も失敗を繰り返してきて、認めてもらえない体験が積み重なって、自分で自分に価値がないと思ってしまうんだな」といった感じです。これを繰り返していくと、ネガティブな感情に没入し続けることがなくなり、ラクになっていくのです。

注意力を自在にあやつれるようになると、メタ認知は上がっていくと言われています。たとえば渋谷などの街中に立って、流れてくるいろいろな音の中から、ひとつだけに注意を向けるというトレーニングがあります。

ハイヒールの音だけ、車のエンジン音だけ、というやり方です。これは注意力トレーニングと言われるもののひとつの手法で、繰り返すとメタ認知が高まり、自己肯定感も上がっていくのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.