くらし情報『薬剤師に聞く、頭痛薬の上手な選び方って?』

2019年6月20日 10:30

薬剤師に聞く、頭痛薬の上手な選び方って?

目次

・頭痛の応急処置に。上手な市販薬の使い方
・市販薬の飲み過ぎで頭痛が誘発されることも
・自分に合った薬を見つけよう
薬を飲む唇

「頭が痛いな」と思って薬を手に取るとき、みなさんはどのような基準で薬を選んでいるでしょうか。「実家にあって馴染みがあるから」「CMで見てよさそうだと思ったから」などの理由で選んでいる人も多いのではないでしょうか。

市販されている痛み止めも、それぞれ成分が異なるため、症状にあった薬を選ぶことが大切です。頭痛薬の選び方のポイントについて、ラクスリ株式会社ハートフェルト薬局の薬剤師・大野朋子さんに話を伺いました。

頭痛の応急処置に。上手な市販薬の使い方

薬

頭痛は多くの女性が悩んでいる最もポピュラーな症状です。「いつものことだから」と、とりあえず痛みをすぐに取り去ることのできる市販薬を活用している方も多いと思います。

応急処置として、市販薬はとても適しています。しかし現在、市販されている鎮痛薬には、痛みに効く成分にいくつかの種類があり、またひとつの成分だけでなく、いくつかの成分が組み合わせてできたものがあります。それ以外にも胃腸の症状を和らげるものが入っていたりとさまざまです。

飲み方としては、単一成分のものから試してみること。同じブランド名でも、成分が異なることがあります。

まずは、その成分が自分の痛みに効くかどうかを確認してみるのがいいと思います。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.