くらし情報『よい・悪いの2択になりがちな「白黒思考」。グレーを受け入れるには?』

2019年6月22日 07:20

よい・悪いの2択になりがちな「白黒思考」。グレーを受け入れるには?

ボタンを押そうとしている人

白黒思考は、よいか悪いかだけで判断するものです。いき過ぎてしまうと、対人関係に著しい支障が生じてしまうことにもつながりかねません。

実際、安定した対人関係を築くことが苦手な「境界性パーソナリティー障害」の患者さんの多くが、この白黒思考の傾向を有することが知られています。自分は価値があるか価値がないか。この人はいい人か悪い人か。そういった「二面性」でしか、ものごとを見られなくなってしまうのです。

でも本当は、人間も世界中の存在もすべてグレーゾーンでできています。すべての人やものごとが、よい・悪いの両面を持っているからです。それに気づくことが大事で、自分の存在もよい・悪いの両極で判断しないことです。

自然界には2つとして同じものはありません。正解というものはそもそも存在しないのです。植物や土に触れたり、自然の多い場所で過ごしたりするとどうして癒されるのか。それはまさにグレーゾーンの中で生きていることに気づき、正解を求めてしまう執着心から解放されるからです。中庸な思考が磨かれていきますよ。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る
川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.