くらし情報『精神科医おすすめ。自己肯定感を上げる、過去の行いを思い出す練習』

2019年6月27日 07:20

精神科医おすすめ。自己肯定感を上げる、過去の行いを思い出す練習

脳みその気づき

よい行いをするのはとてもよいことですが、自己肯定感をあげるのに重要なのはよい行いをしたことを「思い出すこと」です。自分の普通の生活の中に、「これは、よいことをしたな」と思えるものを見つける習慣が大切です。

席をゆずったというわかりやすいこともありますが、たとえばぶつかってきた人に対して「この人も押されて大変だろうな」と思いやりの心を持てた体験もあるでしょう。

自分の行動を評価してあげると、自分のよい部分に光が当たり、意識するようになってそこを伸ばしていけるようになります。

とってつけたようによい行いをするよりも、まず、日常の中で自分が行ったことにスポットを当ててみてください。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る
川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より大本山建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行を行った。現在は寺務の傍ら精神科診療にあたり、マインドフルネスや禅の瞑想を積極的に取り入れた治療を行う。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.