くらし情報『熱中症のリスクが高くなる!? ぐっすり眠る5つのコツ』

2019年8月14日 06:30

熱中症のリスクが高くなる!? ぐっすり眠る5つのコツ

目次

・熱中症リスクを高める意外な要因
・夏の寝苦しさを防ぐポイント5つ
・寝具は「冷房の設定温度」に合わせて選ぶ
西川
image via shutterstock
日中はもちろんのこと、夜になっても蒸し暑さが引かない日々が続いています。寝具メーカー「西川株式会社」と日本気象協会が行った調査によると、熱中症のリスクを高める要素として、前夜の睡眠が関係しうることがわかったとのこと。

そこで、眠りのスペシャリストである西川のスリープマスター・杉原桃菜さんに、夏の寝苦しさを防ぐ5つのポイントをうかがいました。

熱中症リスクを高める意外な要因

西川

今回、西川と日本気象協会が調査を行ったのは、熱中症による救急搬送者の数と、夜間睡眠の関係についてです。明らかになったのは、熱中症の救急搬送者数が多かった日の前夜の睡眠は、中途覚醒時間が長く、睡眠効率が低い傾向があったということ(※1)。

つまり、寝苦しくて何度も目覚めてしまい、ぐっすり眠れなかった夜の翌日は、熱中症にかかるリスクが高くなってしまうのです。

近年では熱帯夜対策として、エアコンをひと晩つけたままの使用が推奨されています。しかし、ひと晩中のエアコン使用は、設定温度によって、冷えや翌朝だるさを感じてしまうことも……。これを防ぐためには、冷房の設定温度と掛け寝具の選び方が大切だといいます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.