くらし情報『食欲ないのに食べ過ぎる…「夏のうつ」がもたらす厄介な症状』

2019年8月21日 05:30

食欲ないのに食べ過ぎる…「夏のうつ」がもたらす厄介な症状

目次

・1. テンションが上がらず、集中力が落ちている
・2. 気分が落ち込んだり、イライラしたりする
・3. 食欲が減退したり、逆に過食に走ったりする
・4. 自殺願望があったり、死について考えてしまう
疲れた女性
image via shutterstock
ふだんより睡眠時間が長くなり、朝起きられない。

イベントに参加すると不安感が高まる。ひとりになりたいと思う時間が増える……。これはすべて、夏のうつ。

季節性大うつ病性障害(MDD-SP)は、かつては季節性感情障害(SAD)と呼ばれていたもので、日照時間が短くなる冬に発症が増えるうつ病ですが、これは夏にも発症します。

前回に引き続き、今回も季節性大うつ病障害の主な症状とその対処法を説明します。

1. テンションが上がらず、集中力が落ちている

座る人

多くの同僚が夏休みを取って長期不在になると、仕事にストレスを感じたり、仕事量に圧倒されたりしてしまうのは、よくあること。しかし、けん怠感や、以前はこなせていた仕事や家事をうまく処理できなくなったと感じていたら、季節性大うつ病障害のサインかもしれません。

米国国立精神衛生研究所によれば、気力がわかなかったり、けん怠感があったり、頭がぼーっとしたり、イライラを覚えたりするのは、大うつ病の主な症状なのだそう。うつ病は、気力を低下させ、記憶力や集中力にも影響を及ぼします。

2. 気分が落ち込んだり、イライラしたりする

喧嘩

普段ならどうにも思わないような些細なことに対して、イライラしているのに気づきませんか?

夏場の暑さでイライラが起こりやすくもなりますが、もし些細なことに対して怒り狂ったり、キレたり、気分の落ち込みが容易に回復しなかったりする場合は、それは季節性大うつ病障害の危険信号かも。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.