くらし情報『寝起きの疲れは、枕次第! 枕ナシ派のライターが、人気の4つを試してみた』

2019年8月23日 12:00

寝起きの疲れは、枕次第! 枕ナシ派のライターが、人気の4つを試してみた


大塚家具オリジナルの「ドリーム2 ロータイプ」は、頭をのせるだけで「なんだか気持ちいい!」とうっとりしてしまう枕。羽二重餅のようなモチモチ・フワフワの感触で、自然と気持ちがリラックスします。

特徴は、枕の中央を低く、左右をわずかに高くすることで、サポート力を高めていること。仰向けの姿勢はもちろん、寝返りもしやすく、横向きの姿勢にもしっかりフィットします。首から頭部にかけて包み込まれるような安心感があるのは、この独特の構造のせいかもしれません。

こちらのロータイプは私のような「後頭部が絶壁」タイプでも首に負担がなく、頸椎が自然なカーブになる気がしました。睡眠時の中途覚醒が減った実感があったのは、特にうれしかったことのひとつ。

側生地はメッシュで通気性がよく、中材の低反発ウレタンには防臭・防湿効果のある活性炭が練り込んであるので、汗が気になる夏も快適に使えそうです。

高さ調節が簡単。フィット感に優れたパイプ枕

西川の枕
「西川の快適まくら(パイプ)」9,180円
  • サイズ:横63cm×縦43cm
  • 高さ:左右・約10cm、中央・約7.5cm
  • 側地:綿100%、表側はコラーゲン(保湿)加工
  • 詰め物:ポリエチレンパイプ
  • 高さ調節シート入り
1984年に「日本睡眠科学研究所」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.