くらし情報『ちょっとした不調でも「自分は病気」と思い込む心気症。対処は?』

2019年8月28日 05:30

ちょっとした不調でも「自分は病気」と思い込む心気症。対処は?

目次

・まず、「心気症」って?
・すぐにできる対処法は?
悩む男性
image via shutterstock
あなたの身近にもいたりして?

たとえば私が晩ごはんをつくっても、「これはちゃんと中まで火が通ってる?」「確かに中まで火が通っているって言える?」と、私のパートナーは何度も確認したりします。

そう、私のパートナーは心気症。私は忍耐強いほうですし、彼の助けになりたいと思っていますが、どうすればよいのかわからない……。

そんな悩みに対して、セラピストが的確にお答えします。今回は、ニューヨークを拠点とするセラピストで、『How Does That Make You Feel: True Confessions from Both Sides of the Therapy Couch』の著者でもあるシェリー・アマテンステインさんが、身近に心気症の人がいる場合の接し方をアドバイス。

まず、「心気症」って?

カウンセリング
image via shutterstock
まず私たちが理解しておかなければならないのが、「身体症状疾患」や「病気不安疾患」として知られる心気症は、患者にとっては、その身体的不調がとてもリアルな感覚であるということです。

アメリカ心理学会の調査によると、アメリカ人の5%が心気症なのだとか。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.