くらし情報『自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント』

2019年9月4日 20:30

自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

疲れた女性
image via shutterstock
気がつきすぎて、くたびれやすい?

敏感気質(HSP)な人は、人口の20%もいると言われています。なかには、外向的な敏感気質の人もいるので、見極めるのは簡単ではありません。

前回は、敏感気質な人に共通する4つの特徴を紹介しました。今回は、自分が「敏感気質」なのかを知る方法を、敏感気質の研究者であり心理学者のエライン・アーロンさん、心理学者のライン・シャーマンさんに聞きました。

自分が「敏感気質」なのかを知る方法

チェック
image via shutterstock
敏感気質かどうかを判断するには、次のような重要な指標があげられます。

  • 物事について深く考え、人生は有意義でなければと思ってしまう
  • 刺激を受けやすく、騒々しい場所を避けてしまう
  • 丸一日空いているときには、外出するより自宅にいる
  • 他人に共感しやすいと多くの人に言われる
  • よく泣いてしまう
  • 他人が見過ごしてしまうことに気づく
敏感気質な人は、自分がどんな傾向の人間で、物事にどう反応しているかを自分自身ではよく判断が付かないのだそう。「自分から見える自分と同じように、他人も自分を見ていると思いがち」だから、とシャーマンさん。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.