くらし情報『スマホ依存、もうやめたい? 心理学者がごく簡単なヒントを教えます』

2019年9月6日 05:30

スマホ依存、もうやめたい? 心理学者がごく簡単なヒントを教えます

目次

・1. 環境を微調整する
・2. 通知を切る
・3. 使用時間に制限を設ける
スマホ

あなたは1日何時間スマホをいじってる?

平均的なアメリカの成人は、1週間に16時間以上もスマホや電話に時間を費やしています。

研究によると、スマホの使用頻度の高さと、孤独やうつ、睡眠の質の低下のほか、眼精疲労や親指の痛み、姿勢の悪化、猫背といった肉体的な病気との間には関連性があることが示されています。しかし、スマホの使用頻度を下げたほうがいいと言えども、完全に使用をやめる必要も、再び家電を導入する必要もありません。

スマホ習慣を専門に科学的研究を行っている心理学者ラリー・ローゼンさんは、小さなことから変えていけば成功する、と話します。どんなことから始めたらよいのか、いくつかヒントを挙げてみます。

1. 環境を微調整する

充電
image via shutterstock
食事の最中についついスマホを見てしまうなら、別の部屋に「電話入れ」を用意して、テーブルに着く前に全員がそこにデバイスを入れるようにしましょう。

寝る前にスマホをチェックするくせをやめるには(スクリーンが発するブルーライトは睡眠ホルモンのメラトニンの分泌に影響を及ぼし、夜眠れなくなります)、充電器を別の部屋に移動して寝室に持ち込めない環境にするとよいでしょう、と『How to Break Up With Your Phone』の著者キャサリン・プライスさんはアドバイスしています。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.