くらし情報『女性である自分をもっと好きになり、誇りを持つための考え方』

2019年10月10日 07:20

女性である自分をもっと好きになり、誇りを持つための考え方

「女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

サバイバルゲームから降りる
image via Shutterstock
これから考えていきたいのは、それぞれの女性の中にある「女」を癒やしていく方向です。女性である自分をもっと好きになり、自分が女性であることに誇りを持つことができ、自分の力を感じながら発揮することができ、男性とも女性とも協調していける、そんな新たな女性像を一緒に考えていきたいのです。

そのためには、まずは自分から、「誰が選ばれるか」というサバイバル・ゲームを降りてしまう勇気を持ちましょう。もちろんこれは魅力的な女性であることをやめるという意味ではありません。

物事の判断の軸を、「どうすれば好かれるか」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.