くらし情報『精神科医が教える、陰口を言う女性に巻き込まれない方法』

2019年10月16日 07:20

精神科医が教える、陰口を言う女性に巻き込まれない方法

「女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

微笑む女性
image via Shutterstock
Dさんのケース
幼稚園のママ友で集まると、その場にいない人の悪口を楽しんでいる人たちにイライラする。自分も言われているんじゃないかと思うと、人間不信になりそう。

陰口をきく人は、人間として信頼されることはありません。巻き込まれないためには、陰口を単なる「『女』のパターン」として見ること。そして、自分自身は人の陰口をきかないことです。

陰口は、傷ついた人たちが「安全」な場所で、それぞれの傷を正論風に語っているだけの話なのです。仮に自分が言われたとしても、それは自分についての話ではなく、「女」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.