くらし情報『「あなたのためを思って…」自分がいいと思っているものをすすめたがる女とは』

2019年10月23日 07:20

「あなたのためを思って…」自分がいいと思っているものをすすめたがる女とは

「女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

強引にすすめてくる女
image via Shutterstock
健康法や子育て法、占いなど、自分がいいと思ってるものをやたらとすすめられる。こちらのためを思っているつもりなので、すごく断りづらい。関係を悪くせず、断るにはどうしたらいいか。

これも前回と同様、「こちらのためを思って」という時点で「お母さん病」が表れています。そもそも、その人によってよいものが他の人にとってもよいものとは限らない、というのは、重要な「領域意識」です。

こんなときは「やりたくない」「興味がない」などと否定的なことを言わず、「私、ずぼらだからそういうの本当にだめなんです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.