くらし情報『生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?』

2019年10月7日 12:00

生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

目次

・生理がタブー視されたのはなぜ?
・母が子を抱かない「お宮参り」。世界各地にあった月経禁忌
・妻の月経中、夫が「生理休暇」をとっていた平安時代
・1970年代まで日本各地にあった「月経小屋」での隔離
・日本で生理用品の開発が遅れたワケ
生理用品

「世界一の生理用品先進国」ともいわれる日本。しかし今日のような使い捨てナプキンが登場する以前には、生理がタブー視されてきた長い歴史があります。歴史社会学者の田中ひかるさんに、知られざる生理の歴史についてお話をうかがいました。

生理がタブー視されたのはなぜ?

タブー視された生理

田中ひかるさん :

そもそも「タブー」という言葉の語源は、ポリネシア語で月経を意味する「タブ(tabu または tapu)」なんですよ。

歴史社会学者の田中ひかるさんは、仏教、ユダヤ教、イスラム教などの主要な宗教に月経を禁忌(タブー)とする認識がみられると話します。

田中ひかるさん :

医学が発達していなかった時代、出血は死を連想させました。人々は経験的に血液が病気を媒介することも知っていたので、経血への恐れがあったのでしょう。

昔の女性は多産で月経の回数が少なく、経血を見る機会が少なかったことも恐怖心をあおり、“恐れ”から“穢れ”の意識が形成されていったようです。

母が子を抱かない「お宮参り」。世界各地にあった月経禁忌

生理

“血の穢れ”を理由に、月経中の女性、さらに月経のある体を持つ女性そのものをタブーと見なす慣習は、今もなくなってはいません。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.