くらし情報『「血に汚れた脱脂綿がバスの中を転がって…」生理用ナプキンの誕生秘話』

2019年10月8日 12:00

「血に汚れた脱脂綿がバスの中を転がって…」生理用ナプキンの誕生秘話

目次

・使い捨てナプキンを作ったのは日本人女性
・「40年間お待たせしました!」アンネナプキンの誕生
・アンネナプキンの生みの親、坂井泰子さんの功績
・いま「第3次生理革命」が起きている
生理用ナプキン

歴史社会学者の田中ひかるさんに聞く、女性と生理の知られざる歴史。前編に続き、後編では「月ロケットの打ち上げ以上」のインパクトを日本女性に与えたという、あるアイテム誕生の経緯をうかがいました。

使い捨てナプキンを作ったのは日本人女性

生理用ナプキン

平安時代から1000年の長きに渡り、日本では女性の生理がタブー視されてきました。その歴史を大きく変えたのが、紙製の使い捨てナプキンです。

田中ひかるさん :

つい60年前まで、女性たちは「蒸れる・かぶれる・ただれる」の3拍子そろった「黒いゴム引きパンツ」に脱脂綿を組み合わせて経血を処置していました。脱脂綿が移動してしまうので下着を汚したり、思わぬ粗相をすることもあって、とても苦労していたようです。

アメリカから来た、ベルトのフックにかけて吊るす形で使う生理用品「コーテックス」を使う人もいましたが、高価かつサイズが合わない。

そこに登場したのが、画期的な商品「アンネナプキン」です。ナプキンというと外国から入ってきたというイメージがあるかもしれませんが、下着につけて使うナプキンを開発したのは日本人女性。ナプキンは日本発と言っていいアイテムなんですよ。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.