くらし情報『傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?』

2019年11月14日 05:30

傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

目次

・3. 自分の内面に向き合ってみましょう
・4. 体を大事にしましょう
・5. 気持ちを分かち合いましょう
・6. たとえ不安でも、心配するのをやめましょう
雨に降られる女性
image via shutterstock
死別や離婚。人生には、愛を失うときもあります。

つらい気持ちを正常まで戻すには、どのようにするとよいのでしょうか。世界から注目されているスウェーデン出身のヨガ・インストラクター、レイチェル・ブレイゼンの新刊から、そのヒントを学びましょう。

レイチェルってどんな人?、レイチェルのつらい思い出、リカバーの方法その1&2は、こちら。

3. 自分の内面に向き合ってみましょう

女性
image via shutterstock
レイチェルはだてに「ヨガ・ガール」と呼ばれているわけではありません。

ヨガを実践して瞑想を行い、毎日日記をつけています。喪失感でたとえ心が傷ついていても、自分の内面に向かう時間をなんとか作り出すことが大切だとレイチェルは考えています。

悲しみにくれているなら、自分と向き合うことが苦しみに対処する助けになると彼女は話します。

「毎日どんな形でもいいので、自分を深くかえりみることは大切です。私たちは無理をしてしまいがちだし、自分のことを思いやることもありません。でも自分の言動を知って、自分にとって効果的なことや効果的ではないことを知ることは、自分自身の気持ちを把握する助けになるんです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.