くらし情報『病気が長引いたときに「していいこと」と「避けるべきこと」』

2019年12月3日 05:30

病気が長引いたときに「していいこと」と「避けるべきこと」

目次

・1.大好きな医師を見つける
・2.生活を変えるなら、ひとつずつ順番に
・3.運動する
・4.支援グループに加わる
・5.専門家と話す
・6.クリエイティブになる
・7.「マインドフルネス」を試す
・8.「現在」と折り合う
風船

もしも病気が長引いてしまったら?

糖尿病やクローン病、関節リウマチのような慢性的な病気をかかえて生きるのは、本当に大変。薬をのみ続けたり、再燃しないように気をつけたり……。でも、それだけではありません。

あまり心配しないことも必要なのです。それほど重要ではなさそうに思えるかもしれませんが、米国国立精神衛生研究所(NIMH)によると、ずっと心配していると、身体の免疫系や消化器系、睡眠に影響が出て、もっと具合が悪くなります。

とはいえ、いつも平常心でいるのはそう簡単ではありません。慢性的な病気をかかえていればたいてい、不快な症状が出ないかと心配になります。

そこで、病気が長引いた場合に心配を和らげるヒントをご紹介します。ほんの少しラクになったり、健康状態もよくなるかもしれませんよ。

1.大好きな医師を見つける

女医
image via shutterstock
慢性的な病気をコントロールしていくためには、医師や看護師と密接に協力しなければなりませんから、気を許せて好感がもてる相手を見つけることが大切。

「医師と患者の間に強い信頼関係があれば、不必要なストレスを感じずに済みます。手始めとして、おすすめの人がいるか、かかりつけの医師に聞いてみてもよいでしょう」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.