くらし情報『「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?』

2019年12月8日 20:00

「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

洗濯は早めに
また、洗濯物を脱いで洗濯機に放り込んでおくのも、ついやりがちですが絶対NG。臭いの原因菌「モラクセラ菌」は水分をエサにしているため、洗濯機の中に洗濯物を入れておくと繁殖してしまうそう。通気性のいい洗濯カゴに入れておきましょう。

時間が経つほど菌は増えてしまうので、24時間以内に洗濯するのが理想。衣類を脱いだ瞬間から、正しい洗濯術は始まっているのですね。

Q2. 洗濯は洗濯機にまかせておけばいい?

洗濯
image via shutterstock
洗濯物を入れてスタートボタンを押すと、水が流れてきて洗剤と混ざり、洗濯が始まる。全自動で当たり前にやっているこのプロセス、実はプロの目からみると正しくないのだそう。

それは、水そのものにかなり洗浄力があり、繊維に刺激を与えて縮みや傷みの原因になってしまうから。洗濯ブラザーズは「衣類を水から保護するために使うのは、洗剤です」と言います。洗剤にはもちろん洗浄成分が入っているけれど、しっかり水に混ぜると、衣類を水の攻撃から守ってくれるのだとか。

タテ型の洗濯機なら、まず洗濯槽に水を張ります。その水に直接、洗剤を入れます。そして、しばらく洗濯機を回します。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.