くらし情報『「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?』

2019年12月8日 20:00

「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

直射日光が肌によくないのと同じで、服にとっても危険な行為なのです。とくに濃い色のものは紫外線にめっぽう弱く、これを続けていると色があせてしまいます。部屋の中でも日当たりがいいところで干すなら、衣類は裏返しておいたほうがいいです。

『日本一の洗濯屋が教える間違いだらけの洗濯術』167ページより引用

部屋干しなら花粉やPM2.5などの有害物質から衣類を守ることができて、一石二鳥です。

答えは、✕。

部屋干しの臭いを避けるコツ
ただ、部屋干しというと臭いが気になる人も多いでしょうが、乾燥のメカニズムを知れば大丈夫。生乾き臭のしない仕上がりには、「湿度」と「温度」、「風」の3要素が大切なのだそう。

まず干す場所として、広い部屋よりも、湿度を効率よく下げることができる狭い部屋を選びましょう。除湿機を使って湿度を40%以内に抑え、エアコンで夏場は27度、冬なら20度くらいに温度を保ちます。そこに適度な風を送れば完璧!

エアコンの除湿機能だけでは無理があるそうなので、最近販売されているお手頃な価格の除湿機を、この機会に新調するのもおすすめです。

ほかにも、厚手の衣類を乾かすコツなど、今すぐ知りたい季節の洗濯技が満載です。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.