くらし情報『涼しい夜に空を眺めてみて♡10月に見れるオリオン座流星群』

2018年9月27日 22:30

涼しい夜に空を眺めてみて♡10月に見れるオリオン座流星群

目次

・オリオン座流星群って?
・2018年は10月22日(月)深夜に極大を迎える
・オリオン座流星群を見るツアーも!
涼しい夜に空を眺めてみて♡10月に見れるオリオン座流星群


オリオン座流星群って?

涼しい夜に空を眺めてみて♡10月に見れるオリオン座流星群
Umibozze/stock.adobe.com

ペルセウス座流星群やふたご座流星群など、日本には一年を通してしばしば流星群が見えることがあります。その中でも、毎年10月後半に活動するオリオン座流星群。

ハレー彗星を母天体として、10月2日〜11月7日頃まで流星の観察ができます。流星群の中でも2番目に明るいとされており、流れ星観察の初心者さんでも見つけられるかもしれません。

有名な星座の一つである東の空に浮かぶオリオン座と、オリオン座流星群は全くの別物。オリオン座とふたご座の境界付近を流れる流星群であることから、オリオン座流星群と呼ばれているのです。

流星群とは、宇宙にあるチリが地球の大気圏に入った時、大気中の原子などと衝突することで光を放つため、流星群として見えるのです。

日本では昔から、「流れ星が流れ終わるまでに願いを3回唱えられると叶う」というロマンチックな言い伝えがありますよね。小さい頃流れ星を見て両手を祈るように合わせて願いごとを唱えた…という人も多いのではないでしょうか。

ですが、流れ星の捉え方は国や地域によってさまざま。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.