くらし情報『福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪』

2019年1月29日 07:00

福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪

目次

・そもそも節分ってなぁに?
・豆をまく意味とは?
・恵方巻を食べる意味とは?
福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪


そもそも節分ってなぁに?

福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪
Ichimaru Chika @chiroming

福豆・恵方巻きも楽しみですが、そもそも節分とは・・・?
説明できる方って実はごくわずかではないでしょうか。

節分は年4回!?
節分は字のごとく、「季節を分ける」という意味合いがあります。
雑節の1つで、各季節(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを言います。
ということは、節分は実は年4回あることになります。

では、なぜ2月3日だけが有名に?
それは旧暦では、立春が今の1月1日だったのでその前日の2月3日に邪気を払って新年を迎えることがこの節分の始まりです。
お正月というのは、今も昔もめでたいものなのですね。

豆をまく意味とは?

福豆・恵方巻き、何故食べる?理由を知って節分を楽しもう♪
pheeby/Shutterstock.com

節分と言えば「鬼は外、福は内~♪」と声を出しながら豆をまくイメージですよね。
子供から大人まで、結構夢中になってやっちゃいます!
でも、豆をまく意味とは一体何なのでしょう?

豆まきの由来
豆まきは中国の習俗が伝わったものと言われています。
昔々、鬼の目に大豆を投げつけたところ鬼を退治できたという話が由来です。

「魔の目(魔目)」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.