くらし情報『2月20日は空を見上げてみて♡2019年最大の満月が見られるかも!?』

2019年2月1日 22:30

2月20日は空を見上げてみて♡2019年最大の満月が見られるかも!?

目次

・2019年最大の満月が見られる?
・なんで2月20日の月はいつもより大きいの?
・2月20日満月にちなんだイベントも盛りだくさん!
2月20日は空を見上げてみて♡2019年最大の満月が見られるかも!?


2019年最大の満月が見られる?

2月20日は空を見上げてみて♡2019年最大の満月が見られるかも!?
YourEyesOnly/stock.adobe.com

2月20日、つまりその前日2月19日の18時3分に近地点を通過し、日付が変わった20日の0時54分に見られる月が今年最大の満月になるだろうと予想されています。

いつもの満月よりもどれくらい大きく明るいのでしょうか?

スーパームーンの満月はいつもの満月より約14%大きく、明るさも約30%明るいといわれています。

遥か遠い宇宙にあるものを肉眼で比べることは難しいですが、いつもよりも迫力のある満月を感じられるのは間違いないようです。

なんで2月20日の月はいつもより大きいの?

2月20日は空を見上げてみて♡2019年最大の満月が見られるかも!?
zphoto83/stock.adobe.com

月は地球の周りを、楕円形を描きながら公転しており、重力の影響を受けつつ回っているため、月と地球の距離は毎日異なります。

月と地球の距離は35万6千キロメートルから40万7千キロメートルの間。この間で近くなったり遠くなったりを繰り返しています。

月と地球の距離が狭くなれば当然地球から見える月の大きさは大きくなりますし、距離が離れれば月は小さく見えます。

今年の2月20日は月と地球の距離が約35万7千キロメートルまで近づくため、迫力満点のフルムーンを見ることができるのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.