くらし情報『寒い冬、どうやって眠る?少しでも快適に寝る工夫8つ』

2019年2月12日 23:00

寒い冬、どうやって眠る?少しでも快適に寝る工夫8つ

目次

・身体を温めて快適に眠りにつこう
・寝る前に気を付けたいやってはいけないこと
寒い冬、どうやって眠る?少しでも快適に寝る工夫8つ


身体を温めて快適に眠りにつこう

寒い冬、どうやって眠る?少しでも快適に寝る工夫8つ
Alex/adobe.stock.com/
アロマやストレッチでリラックス効果をアップ

睡眠の質を高めるためには、ストレスにも要注意。

仕事の疲れが溜まっているなどストレスがある状態では、深い眠りにつくことはできません。

入浴後のストレッチで身体の疲れをほぐすほか、アロマスプレーを枕に吹き付けたり、アロマキャンドルを寝る前に焚いたりと香りでストレスを軽減してあげましょう。

部屋の湿度を50%前後にする

湿度が低いことも、睡眠の質を下げる原因の一つです。

夜中に咳が出る、喉が痛くて寝ている間に起きてしまう…なんていう経験はありませんか?

寝室の湿度は50〜60%を目安に、加湿器などを使って調整してあげましょう。

喉を痛めやすいという人はマスクをして寝るのもおすすめです。

寝る前に気を付けたいやってはいけないこと

寒い冬、どうやって眠る?少しでも快適に寝る工夫8つ
Alena Ozerova/adobe.stock.com

睡眠の質を上げるためには、就寝前にやってはいけないことも。

寝ても疲れが取れないな、という人は、ぜひ気をつけてみて。

スマホやテレビなどブルーライトを見続ける

就寝前にスマホを構う人も多いのではないでしょうか。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.