くらし情報『秋の夜長を大満喫。思わず読み入るおすすめ本8選』

2016年11月4日 20:01

秋の夜長を大満喫。思わず読み入るおすすめ本8選

目次

・原田マハ「本日はお日柄もよく」
・七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
・有川浩「図書館戦争」
・西加奈子「きいろいゾウ」
・中田永一「吉祥寺の朝比奈くん」
・乾くるみ「イニシエーション・ラブ」
・東野圭吾「恋のゴンドラ」
・東野圭吾「秘密」
秋の夜長を大満喫。思わず読み入るおすすめ本8選


原田マハ「本日はお日柄もよく」

−言葉には世界を変える力がある−。

ふとした事から「スピーチライター」という、これまで出会ったことのない職業に出会った主人公、ふたば。

やがてその言葉の持つ力に魅せられ成長していく物語。

働いている女性に一度は読んでもらいたい1作です。

何かを変えることってとても難しいけれど、私たちが日常で普通に使っている言葉を少し意識するだけで、いろんな可能性が生まれるのではないかと思える作品です。

七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

福士蒼汰小松菜奈による実写映画化が決定している「僕は昨日の君に恋をする」。

不思議な感覚はありつつも、よくある恋愛小説かと思えばストーリーの途中で激変。

彼女に隠された秘密に心が苦しくなる作品です。

心地の良い涙がすっと流れて来るような、爽やかな作品です。

有川浩図書館戦争

とにかくきゅんきゅんしたい人におすすめなのが有川浩作品。

その中でもシリーズ化されており、長い秋にじっくり楽しめるのが、映画化もされた「図書館戦争」。

言語を統制される世界で、言論の自由を守るために戦う図書隊の物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.