くらし情報『HTB北海道テレビ「ピンクリボン活動の18年 おっぱい2つ取ってみた その前と後」が2021年日本民間連盟賞 特別表彰部門「放送と公共性」で優秀賞を受賞』

2021年9月16日 15:00

HTB北海道テレビ「ピンクリボン活動の18年 おっぱい2つ取ってみた その前と後」が2021年日本民間連盟賞 特別表彰部門「放送と公共性」で優秀賞を受賞

本日9月16日(木)発表の2021年日本民間放送連盟賞 特別表彰部門「放送と公共性」にて、HTBがエントリーした「ピンクリボン活動の18年 おっぱい2つとってみた その前と後」が優秀賞を受賞しました。
日本民間放送連盟賞は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動の発展を図ることを目的に創設された歴史ある賞で、全国の民放各社から応募された番組と事績を対象に年1回実施し、優れた番組、優秀と認められた事績を顕彰しています。
「放送と公共性」は、2006年に特別表彰部門に新設され、放送の公共性を強く意識しながら民放各社で取り組んでいる企画や開発の事績に対して贈られます。HTBの同賞受賞は、最優秀賞を受賞した「市民たちを動かした『政務調査費報道』(2008年)、優秀賞を受賞した「詐欺撲滅キャンペーン『今そこにある詐欺』」(2014年)、「シリーズ『老いるショック』」(2016年)に次いで4回目となります。
今回、優秀賞を受賞したこの取り組みは、HTBが応援し活動を続けている乳がん早期検診の啓発活動「ピンクリボン運動」について、18年にも及ぶ記録をまとめたものです。2003年、一人の乳がん患者との出会いをきっかけに始まったHTBのピンクリボン活動。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.