くらし情報『“座りション ネイティブ化”が進むZ世代の価値観とは』

2021年9月16日 11:00

“座りション ネイティブ化”が進むZ世代の価値観とは

男性の小用を足す際のトイレスタイルは、時代とともに変化し、様々な議論を生んできました。今回、最新調査でついに座り派が半数を超え、約6割となりました。その中でも注目すべきは、子供の頃から“座りション”※が当たり前の「座りションネイティブ」の存在です。20代に多くみられる彼らの価値観について、マーケティングアナリストで若者研究の第一人者 原田曜平氏に伺いました。

※当リリース内では、小用のスタイルについて、以下のように表現しております。
「座りション」=座って小用を足すこと
「立ちション」=立って小用を足すこと

若者の立ちション離れ?20代の4人に1人は、「座りションネイティブ」

ライオンの「男性の小用スタイルに関する実態調査2021」によると男性の6割が座りションであることが判明しました。

目次

・若者の立ちション離れ?20代の4人に1人は、「座りションネイティブ」
・主流となった座りションは、トイレを汚さない?実験の結果「実はフチ裏に跳ねていた」!


“座りション ネイティブ化”が進むZ世代の価値観とは

年代別トイレスタイル(自宅)グラフ

座りション派の増加背景には、立ちション派から変更した「座りションスイッチ」に加え、子供のころから座りションをしている「座りションネイティブ」の存在が浮かび上がってきました。特に20代の4人に1人(25.7%)が、座りションネイティブであることが明らかになりました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.