くらし情報『人形を修理するお店が舞台のユーモアミステリ『たまさか人形堂物語』イタリア版、発売!』

2021年9月30日 10:00

人形を修理するお店が舞台のユーモアミステリ『たまさか人形堂物語』イタリア版、発売!

「諦めてしまっている人形も修理します」――こんな広告をみて、今日も傷ついた人形を抱えたお客さんが人形店にやってきます。その相談を受けるのは、祖母から店を引き継いだばかりの元OL・澪、押しかけ従業員で人形マニアの富永くん、凄腕だが謎多き職人・師村さん。人形と大事な思い出を修理しようと奮闘する3人が繰り広げるユーモアミステリ『たまさか人形堂物語』(津原泰水著)は、発売当初から日本でも多くの読者に愛されてきました。

2020年には、津原作品をイタリアに紹介しているマッシモ・スマレ翻訳により、リンダウ社から『たまさか人形堂物語』が出版されました。日本の人形文化や作品の面白さが高い評価を受け、すぐにイタリアの大手新聞社コリエーレ・デラ・セラに書評が出ました。そして、2021年9月28日、「偉大なる日本文学」全集(全25巻)のうちの1冊として、コリエーレ・デラ・セラ版『たまさか人形堂物語』(マッシモ・スマレ訳)も発売となりました。

人形を修理するお店が舞台のユーモアミステリ『たまさか人形堂物語』イタリア版、発売!


Le storie del negozio di bambole - LA GRANDE LETTERATURA GIAPPONESE - Corriere Store : https://store.corriere.it/Le-storie-del-negozio-di-bambole/Uo6sEWcV010AAAF5RvwqE1XL/pc?CatalogCategoryID=jkqsEWcVgi4AAAF5KuEqE1Yd

津原泰水は、90年代の「津原やすみ」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.