マネキン・ラップ・デュオ FEMM、Winkの『淋しい熱帯魚』を完コピ

2017年10月13日 12:00
 

関連リンク

・グローバルワークの“グローバル”を支えるクリエイティブ・ディレクター、トム トーの“感じる”映像【INTERVIEW】
・東方神起、再始動後TV初パフォーマンスを披露 EXILE TAKAHIROはソロで初登場<ミュージックステーション リハ風景>
・【upcoming】10/16付週間CDランキング、『コンフィデンス』編集部ピックアップ6作
【写真】FEMMによるWink『淋しい熱帯魚』のMVの完全コピー

【写真】FEMMによるWink『淋しい熱帯魚』のMVの完全コピー


「80年代・90年代リバイバル」をコンセプトに活動してきたマネキン・ラップ・デュオのFEMM (フェム)が、Winkの『淋しい熱帯魚』のMVを完全コピーした映像を公開した。

FEMM (フェム)は、代表曲『Fxxk Boyz Get Money』の過激かつテクニカルなラップが、L.A.のティーンネイジャーを中心にスマッシュ・ヒット。”Perez Hilton (ペレス・ヒルトン)” や “Anna Dello Russo (アンナ・デッロ・ルッソ)” など欧米の超有名インフルエンサーがこぞってシェアし、アメリカ本国の「vice」やイギリスの「DAZED」「Huffington Post」をはじめ世界各国主要メディアから高評価を得てきた日本製マネキン・ラップ・デュオ。

『淋しい熱帯魚』は、80年代を席巻したWinkの代表曲で、当時、その ”無表情” ぶりは大きな話題をさらった。しかし、今回はそれをさらに凌ぐマネキンならではの無表情・無感情ぶりを披露している。

映像制作面でも、1カット毎の構図から細部にわたるダンスの振り付けまで、オリジナルを完璧に再現したものになっており、画面サイズも当然4:3で制作されている。画質や色味に関しても時代考証的に仕上げつつも、曲名テロップは「淋しい熱帯魚(2017)」にするなどの遊び心、ファッション面でのオマージュとナウネスのMIX具合然り、ただの再現ビデオではなく、リバイバルというキーワードを強く感じさせる作品に仕上がっている。

カバーアルバム『80s/90s J-POPREVIVAL』は、10月18日に配信先行リリース。CDや、これまた80年代を意識したカセットテープは、10月25日に発売となる。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.