黒柳徹子とマツコのアンドロイドが初対談 『tottoの部屋』にマツコロイドが出演

2018年1月4日 08:00
 

関連リンク

・本物そっくり! 電通など4社が黒柳徹子のアンドロイド「totto」を開発
・世界初“アンドロイド×人間”映画『さようなら』、ロッテルダム国際映画祭に出品決定!
・大阪府・梅田で、ロボット工学の第一人者2名よるトークセッションを開催
対談が実現した黒柳徹子のアンドロイド「totto」と「マツコロイド」

対談が実現した黒柳徹子のアンドロイド「totto」と「マツコロイド」


女優・黒柳徹子(84)が出演する『徹子の部屋』(テレビ朝日)の42年にわたる会話データをもとに、最新の音声合成技術を用いて昨年9月に開発された黒柳のアンドロイド「totto」と、タレント・マツコ(45)のアンドロイド「マツコロイド」の対談が初めて実現した、新WEBコンテンツ「『tottoの部屋』お年玉BIG篇」がきょう4日から公開した。

同企画は、独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が『お年玉BIG』の発売にあわせせて制作したもので、人気WEBコンテンツ「tottoの部屋」に、マツコロイドがゲスト出演するという形式で、アンドロイド同士の掛け合いのみで展開する。

「totto」と「マツコロイド」は、いずれも大阪大学・石黒浩教授が監修し、いわば同じ開発者を持つ“きょうだい”にあたる。本篇では、どちらが「お兄さん」「お姉さん」なのかを議論するようなシーンも収録している。

そのほかの、見どころとしては技術の差。「マツコロイド」が先輩(2014年に開発)で、「totto」の話し方のスムーズさに比べると、若干のぎこちなさが否めない。これは、14年と17年に制作された違いによるもので、その間のテクノロジーの進歩の差も感じられる。開発時期が異なるアンドロイド同士だからこその、会話中の妙な間やしぐさなども、楽める内容となっている。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.