内田理央、スマホ依存症ぶり明かす「ベッド入ってから寝るまでが長い」

2018年2月14日 18:12
 

関連リンク

・浮気心が芽生えそう・・・。そんなとき後悔する前にストップをかける方法
・羽生結弦・宇野昌磨“金・銀”に女芸人が涙 「歓喜の瞬間」に反響
・ジェニファー・アニストンの結婚生活破綻に、多くのファン「ブラピ、ぜひ復縁を」
内田理央 (C)ORICON NewS inc.

内田理央(C)ORICON NewS inc.


女優の内田理央(26)が14日、都内で行なわれた『ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート』記者説明会に出席した。

ネット犯罪被害に関する最新の事例やネットセキュリティーへの意識調査が発表されたイベントで内田は、自身とネットの関わりについては「スマホは常に手放さず、ネットを見たりSNSで友達とやりとりしたり、ショッピングもします」とかなりの時間を費やしているようで、「ちょっとスマホ依存症と化してますね。ベッドに入ってから寝るまでが長くて」と明かした。

イベント中、シマンテック社の古谷尋(ひろし)氏が、公衆の無料wi-fiについて、「セキュリティーがかかっておらず、情報が筒抜けになる可能性があるので、ショッピングやネットバンキングなどを利用するのは危険」と指摘すると、内田は「えっ…」と絶句。「今まで無料ということで気軽に使ってきた。被害に遭われている方も多いし、私もこんな意識ではいけないですね」と反省していた。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.