阿部寛、“幻術”で宙に浮くも「ヒヤヒヤしました」 染谷将太が大技に挑戦

2018年2月14日 19:33
 

関連リンク

・染谷将太、日中合作『空海』主演に感無量「一生の忘れられない経験」
・原作を千回読んだ? 唐の都のセット建設に6年『空海』にチェン・カイコー監督自信!
・染谷将太、“相棒”ホアン・シュアンに感謝「彼の助けがなければ…」
妖術で阿部寛(上)を宙に浮かせた染谷将太(右) (C)ORICON NewS inc.

妖術で阿部寛(上)を宙に浮かせた染谷将太(右) (C)ORICON NewS inc.


俳優の染谷将太(25)、阿部寛(53)が14日、都内で行われた映画『空海 ―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(24日公開)のイベントに出席。劇中に幻術が出てくることにちなみ、幻術=イリュージョンに挑戦することになった染谷は、「次、何やるんでしたっけ?」と流れに不安を感じさせつつ、最後はイスに座った阿部を浮かせる大技を成功させた。

染谷は、米が入っていた入れ物から煎餅を取り出したり、布から花を出すイリュージョンなどを披露。1時間ほど練習したといい、「無茶ぶりとはこのこと」と苦笑しつつ、どんどん成功させて盛り上げた。

最後、イスにあぐらをかいた阿部を約1メートル浮かせることができた染谷は「楽しかったです」と安堵。地上に降りた阿部は「ヒヤヒヤしました。助手の方がもっと力入れてくれないと、落ちるかと思いました」と笑っていた。

同作は、夢枕獏氏の小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴(うたげ)す』(角川文庫/徳間文庫)を実写化。中国・唐の時代、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海(染谷)が、詩人・白楽天と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る。

中国の巨匠チェン・カイコー監督の撮影を振り返った染谷は「初体験だらけ。普通、東京ドーム8個分のセットを作ろうなんて思わないし、ぜいたくだった」と感慨深げ。阿部も「映像がすばらしくて、自分が参加していることが信じられなかった」と話していた。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.