くらし情報『中山美穂「新人のような気分」で30年ぶりテレ朝出演 『未解決の女』第1話ゲスト』

中山美穂「新人のような気分」で30年ぶりテレ朝出演 『未解決の女』第1話ゲスト

2018年3月26日 05:00
 

関連リンク

・乃木坂46白石麻衣「世にも奇妙な物語」でドラマ単独初主演 歓喜&祝福の声殺到
・平田裕一郎×牧田哲也、家族旅行に同伴の親密ぶり「親に恋人だと思われてるんじゃ」
・TBS笹川友里アナ、太田雄貴と挙式 白無垢姿を披露
テレビ朝日系ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官』(4月19日スタート)第1話にゲスト出演する中山美穂。テレビ朝日のドラマに出演するのは30年ぶり(C)テレビ朝日

テレビ朝日系ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官』(4月19日スタート)第1話にゲスト出演する中山美穂。テレビ朝日のドラマに出演するのは30年ぶり(C)テレビ朝日


女優の中山美穂が、4月期のテレビ朝日系ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官』(4月19日スタート、毎週木曜後9:00)の第1話にメインゲストとして出演することが明らかになった。同局のドラマは単発ドラマ『ミスマッチ』(1988年放送)以来、30年ぶりとのこと。「テレ朝の新社屋(2003年完成)に入ったのも今回が初めてで、新人のような気分になりました(笑)」と話していた。

同ドラマは、波瑠が演じる肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木京香が演じる頭脳派刑事・鳴海理沙がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新作ミステリー。

30年前は「ドラマも掛け持ちするほど、本当に忙しかった時期で…。当時は等身大の役が多かったので、演じるというよりも、なるべく自然にいられるように…という思いで、女優業に取り組んでいました」と振り返った中山。「いまは想像に想像を重ねながら、別人になりきって役を演じることを楽しんでいます。自分とまったく違う人間であればあるほど楽しいですね」と目を輝かせた。

そんな中山が今回、演じたのは、10年前の未解決事件で殺された人気ミステリー作家・嶋野泉水。「文字で未解決事件を解決するというコンセプトにぴったりな、ミステリー作家の役を与えていただけるなんて…!作家ということもあり、自分の信念を持って強く生きた女性を表現できれば」という思いで取り組んだという。「この先の30年も、できれば一生、演じ続けたい!いろんな経験を積みながら、年相応の俳優に成長していきたいです」と意欲的な姿勢を見せていた。

なお、泉水の夫・山本則夫役で渡辺いっけい、泉水の元担当編集者・新海雄二役で半海一晃がゲスト出演する。

第1話では、無鉄砲な熱血捜査で負傷し、昏睡状態から目覚めた警視庁捜査一課強行班係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。異動先は薄暗い地下にある窓際部署「特命捜査対策室」第6係。未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった。朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木)らとともに、新部署で働き始める。だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎなかった…。

そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的。その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山)のサイン入り自著があったというのだ。実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡。密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた。

事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.