くらし情報『NHK初の“AIアナ” 働き方改革に一石を投じるか』

NHK初の“AIアナ” 働き方改革に一石を投じるか

2018年3月27日 04:00
 

関連リンク

・二宮和也主演『ブラックペアン』初回視聴率は13.7%
・シャーリーズ・セロン、役作りでの体重増加の困難を明かす
・「月9ドラマ」長澤まさみで失敗のあとは上戸彩で最後の勝負?
“AIアナウンサー”ニュースのヨミ子さん(C)NHK

AIアナウンサー”ニュースのヨミ子さん(C)NHK


NHKは26日、都内で記者会見を行い、4月より『ニュースチェック11』(月~金後11:10)に“AIアナウンサー”を導入することを発表した。AIで発話するアナウンサーが同局の地上波ニュースに登場するのは初。生身のアナウンサーとの共存、加速する働き方改革に一石を投じる結果となるのか、注目が集まる。

同局の放送技術研究所が開発した平昌五輪の「ロボット実況」にも使われた技術がベースとなっており、アナウンス室の監修の元、AIによる音声合成で発話する「人造アナウンサー」が新たに開発。デザインは、人気キャラクター「コップのフチ子」の原作者・タナカカツキ氏が手掛け、「ニュースのヨミ子さん」と命名された。

当面は、同番組の専属リポーターを務め、毎週水曜日のコーナーに登場する。NHKは「新人なので最初はたどたどしいと思いますが、“読み”“動作”など1年掛けて、成長(機械学習)していきます」。現状、思考能力などは備わっていないというが、報道局ネットワーク報道部の熊田安伸専任部長は「将来的には、考えて会話ができ、疑似感情を持つ、真の意味での“AIアナウンサー”を育てていきたい。そして、全国の番組へ羽ばたいて、活躍してもらいたい」と、展望を語った。

今後の成長具合によっては、深夜帯の交通事故など、緊急時の速報対応を視野に入れている。「これまで、アナウンサーが原稿を投げ込まれて、それを必死に読むということがあるが、この子が自動的に速報を素早く読んでくれれば、より早く視聴者に伝わると思います」(熊田専任部長)。

さらに「これが発展すれば、人間のアナウンサーの方は、よりクリエイティブな方面に注力して、自動で流せるものは(AIアナウンサーが)速報として流していく。ある種の“働き方改革”に役立つのでは」と期待を込めた。

「より多くの人にニュースを届けたい」との思いから開発された「ニュースのヨミ子さん」。番組外では、「スマホAR」への参入や、スマートスピーカー(4月にGoogle Home、6月にAmazon Echoシリーズに対応予定)で最新ニュースの読み上げなど、視聴者の手元に直接届くようなサービスを展開していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.