くらし情報『35歳・中川晃教が16歳・星野鉄郎役「ぜひ期待して」』

35歳・中川晃教が16歳・星野鉄郎役「ぜひ期待して」

2018年3月27日 17:50
 

関連リンク

・長谷川博己、朝ドラからの大河主演は渡辺謙『独眼竜政宗』以来
・赤西礼保、20歳の頃の懐かしい写真に「カッコいい!」「変わってない」の声
・長谷川博己、朝ドラから大河ドラマ“連投”に「一瞬立ち止まった」 NHKもオファー「躊躇」<麒麟がくる>
主人公・星野鉄郎を演じる中川晃教 (C)ORICON NewS inc.

主人公・星野鉄郎を演じる中川晃教(C)ORICON NewS inc.


俳優の中川晃教が27日、都内で行われた舞台『銀河鉄道999~GALAXY OPERA~』の製作発表会見に出席。主人公・星野鉄郎を演じる中川は「いま35歳です。16歳を演じます。ここのあたりぜひ期待していただきたいと思います」と気合を入れた。

1977年に連載を開始した『銀河鉄道999』は、78年にテレビアニメ化、79年には劇場アニメ化された人気作品。裕福な人々が機械化人となり永遠の命を謳歌する未来世界を舞台に、機械伯爵に母を殺された主人公・鉄郎が、謎の美女メーテルとともに銀河超特急999号に乗り込み、機械の体をくれる星を目指して宇宙空間を旅する。

キャストが衣装を身につけたビジュアルが披露され、完成度の高さに原作者の松本零士氏は「涙が出そうです」と感激。中川は「衣装を見たとき『おぉ、35歳です、僕…』って思いながらも、身にまとった時に『きっといいことが待っているんだろう』って前向きになれた。子どもの頃って悩みがそんなになくって、目の前のことに突き進んでいく力があったなって気付かされて、僕は鉄郎になることができました」と胸を張った。

メーテルに抜てきされたハルカは、この日は役とは異なる普段のショートカット姿で登場。ビジュアル撮影を「金髪で長くてロシア帽のようなものをかぶってケープもかけているので、暑かったです」と振り返り、「私にとっても謎が多いので、メーテルについて研究しながら役を作っていきたい」と意気込んだ。

中川が作曲したテーマ曲も披露され、「『銀河鉄道999』っていうとゴダイゴさんの曲が頭のなかに流れると思う。テーマ曲はゴダイゴさんへのオマージュもあるし、僕たちは新しいものに挑戦していこうっていう思いもある」と力を込めた。

そのほか、クイーン・エメラルダス役の凰稀かなめ、キャプテン・ハーロック役の平方元基、大山トチロー役の入野自由、リューズ役の矢沢洋子が登壇。矢沢永吉の娘である洋子は「父も観に来てくれるとは言っているので楽しみ」と笑顔。私生活では昨年に元ギターウルフのU.Gと結婚しており、「ごく普通に平凡な良い家庭を頑張って築こうとトライしているところです」と話していた。『銀河鉄道999』40周年記念作品の同舞台は、6月23日~30日まで東京・明治座、7月21日、22日に福岡・北九州芸術劇場大ホール、同25日~29日まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.