くらし情報『アカデミー賞受賞の辻一弘、手がけた特殊メイク前・メイク後の違いがすごい』

アカデミー賞受賞の辻一弘、手がけた特殊メイク前・メイク後の違いがすごい

2018年3月28日 17:30
 

関連リンク

・結婚発表直後の須藤凜々花を直撃!「浮気をしたら、ぶっ飛ばす」
・どんどんハマる…! 3回目のデートで男が虜になるファッション戦略 | スタイリストのファッション恋愛術 ♯65
・北川景子、初出演の大河ドラマで『篤姫』熱演を支える宝塚愛
辻氏が手がけた劇中のチャーチル(左)と演じたゲイリー・オールドマン(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

辻氏が手がけた劇中のチャーチル(左)と演じたゲイリー・オールドマン(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


5日(日本時間)に発表された『第90回アカデミー賞』で、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘氏。映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(3/30公開)で、同じく主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンを、イギリス元首相・チャーチルそっくりに変身させている。その変貌ぶりから見える、辻氏の凄まじい特殊メイクの技術とは?

京都出身の辻氏は、高校卒業後に単身渡米して以来、22年以上ハリウッドでメイクアップアーティストとして活躍。『メン・イン・ブラック』(1997年)、『PLANET OF THEAPES/猿の惑星』(2001年)ほかの大作を手がけ、これまでにも2度、アカデミー賞にノミネートされた経験がある。現在は現在美術家に転向しているが、ゲイリー直々のオファーを受けて今作に参加したという。

20日に行なわれた来日記者会見では、「チャーチルの顔とゲイリーの顔、もちろん似ていれば簡単ですが、まったく違うので難しい。メイクに見えないメイクを目指しました」と語っていた辻氏。実在の人物を造形するだけに、「表面的なメイクだと演技にもつながらない」と、過去の写真や資料を集め、チャーチルの人となりから探っていったそうだ。

そんな辻氏による渾身のチャーチルの特殊メイクは、ゲイリーの演技を助け、見事W受賞へと導いた。素顔のゲイリーと見比べることで、あらためてその変身ぶりの凄まじさ、生き生きとしたチャーチルの完成度が感じられるだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.