くらし情報『松平健、「真面目にやればやるほど…」高まるコメディー演技の評価』

松平健、「真面目にやればやるほど…」高まるコメディー演技の評価

2018年3月29日 14:46
 

関連リンク

・「刀ミュ」伊万里有、念願のアーティストデビュー決定 “刀剣男士”共演も
・生駒里奈、グラビア“W出演”にコメント「乃木坂として、アイドルとしてラスト」
・道端アンジェリカ、今の“アモーレ”はお腹の子ども「早く会いたくて毎日楽しみ」
コメディー演技高評にも戸惑う松平健(C)ORICON NewS inc.

コメディー演技高評にも戸惑う松平健(C)ORICON NewS inc.


俳優の松平健(64)が29日、東京・渋谷のNHKで自身が主演するBSプレミアムの連続ドラマ『PTAグランパ2!』(4月8日スタート、毎週日曜後10:00、全8回)の試写会に出席した。『暴れん坊将軍』など時代劇の代表作を持つ松平が、現代劇で初めて孫のいる「じぃじ」役を演じ、コメディアンの才能を開花させたドラマの第2弾。スタッフや共演者から「松平さんが、面白い」とコメディー演技を高く評価されていることに松平は「私が真面目にやればやるほど、面白く見える、そんな状況であります」と、若干戸惑っているように見えた。

同ドラマは、仕事人間だったじぃじこと武曾勤(松平)が、孫娘のためにPTA副会長となり、奮闘する物語。パート2では、勤が新たに立ち上げた“おやじの会”とPTAのママ軍団、自治会長ともトラブル続きの中、同じPTA副会長になったシングルファザーの瀬古圭太郎眞島秀和)や熱意の感じられない新任のPTA担当教師・堂島樹夕輝壽太)ら、波乱含みの新キャラクターも加って、「謎めいたところも今回の見どころ」(松平)。

試写会には、前作で勤とともにPTA副会長を務めた内田順子役で引き続き出演する安達祐実と、勤の妻・幸子役の浅田美代子も出席し、「現場は、前回にも増して、松平さんのお芝居で笑わせていただいてます」(安達)、「とにかく、松平さんが面白くて、本当に真面目にやればやるほど面白い」(浅田)と話していた。

松平を中心に楽しく撮影が進んでいる中、「今回、男性キャストが増えて、女性キャストがウキウキしている感じがあります」と安達。「私が演じる順子は本当に普通の主婦。でも普通の主婦の役があまりないので(笑)、私にとってはすごく新鮮です。このせりふ、旦那さんに言ったことがあるな、男の人ってこういうところあるな、と思いながら楽しんでやっています」と、2児の母でもある家庭生活を生かしながら演じている様子も話していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.