くらし情報『『「ぷっ」すま』19年半の歴史に幕 草なぎ&ユースケ「また、お会いしましょう」』

『「ぷっ」すま』19年半の歴史に幕 草なぎ&ユースケ「また、お会いしましょう」

2018年3月31日 03:10
 

関連リンク

・アダム・リッポン 『TIME』誌の「最も影響力のある100人」に選ばれる
・「テイラー・スウィフトに激似」と言われた超人気DJアヴィーチーが急死
・森渉、娘が誕生して10か月が経ったことを報告 お腹の中を撮った4D写真も公開
『「ぷっ」すま』に出演している草なぎ剛(C)ORICON NewS inc.

『「ぷっ」すま』に出演している草なぎ剛(C)ORICON NewS inc.


草なぎ剛ユースケ・サンタマリアが出演するテレビ朝日系バラエティー『「ぷっ」すま』(毎週金曜深0:50)の最終回が30日深夜、放送され、1998年10月から19年半続いた番組の幕を下ろした。

この日は、最終回なのに草なぎ発案の新企画「犬部」がはじまる『「ぷっ」すま』らしい内容。草なぎが約1年前に飼いはじめた愛犬、フレンチ・ブルドッグのくるみ(1歳・メス)が初登場。犬好きのタレントが愛犬とともに集まり、パンサー・尾形貴弘&ミク(柴犬・2歳・メス)、岡井千聖&ぱんつ(チワックス・1歳・メス)&ぶら(チワックス・3歳・メス)、木下優樹菜&ロコ(トイプードル・8才・メス)らが“親バカ”全開で、愛犬自慢を繰り広げ、最終回にして番組史上最もほのぼのとした回になった。

さらに「この番組にエンディングはないんだよ」と名言を残した江頭2:50が、スーツ姿で現れ、前回の放送でセットを破壊したことを陳謝。「この3月に『めちゃイケ』終わって、『「ぷっ」すま』終わって、『みなさん』終わって、テレビに出ない人になる」と窮状を訴え、「以前は『1クールのレギュラーより1回の伝説』だったが、今は『1回の伝説より1クールのレギュラー』」と宗旨替え(?)。

そんな江頭に促されて草なぎは「本当に楽しかったですよ。20年ですからね、みなさんと出会えて。僕の人生に寄り添ってきた番組なんで」としみじみしながら、「『ぷっ』すまは終わるけど、なぎスケにエンディングはない」と江頭発言をパクった上、「エガちゃんはエンド」とバッサリ。そう焚き付けられた江頭はいつものキャラに戻って、巨大な風船を爆発させ、セットもぶっ壊していった。

最後はユースケが、「また何かやるかもしれないですね。19年半も番組をやれたってだけで、ただただ感謝」。草なぎも「視聴者、ファンの方に心から感謝しています」とあいさつ。締めコメントは「また近々、お会いしましょう」だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.