くらし情報『双子コンビ・吉田たち、兄・ゆうへいのみ吉本坂46落選にぼやき「何が基準なんでしょうか」』

双子コンビ・吉田たち、兄・ゆうへいのみ吉本坂46落選にぼやき「何が基準なんでしょうか」

2018年3月31日 16:57
 

関連リンク

・ばあば、お茶と間違えて出汁を作ってしまう 『まめ日和』第106回
・篤姫役の北川景子 クローゼットに10着しか持たない意外な理由
・吉沢亮、魅力的に見える女性は「年上のお姉さん。変な意味じゃないですよ!(笑)」
「吉本坂46」の落選にぼやきが止まらなかった吉田たち・ゆうへい (C)ORICON NewS inc.

「吉本坂46」の落選にぼやきが止まらなかった吉田たち・ゆうへい (C)ORICON NewS inc.


吉本興業が新たなエンターテインメントを届ける発信基地とする大阪・西梅田の『ポストよしもと』が31日、オープン。こけら落とし公演として、双子コンビ「吉田たち」らが出演する『語ルシス』が開催された。

『語ルシス』は語りたいことがある芸人、文化人、スポーツ選手など、1人10分、テーマを持って熱く語るイベント。先に弟のこうへいが出演し、兄のゆうへいが4人後に登場した。ゆうへいは「さっきも似たようなヤツ出てきましたけど」とおなじみのボケで会場を笑わせた。

ネクタイのカラー、髪型など見分けるポイントはあるが、ゆうへいは「新しい覚え方ができました」と明かした。「秋元康先生がプロデュースしました『吉本坂46』。書類審査で落ちた方でございます!」と自虐した。双子で顔も経歴も、ほとんど同じだが、なぜか通過はこうへいだけ。ゆうへいは「何が違うんでしょうか!何が基準なんでしょうか!よしもとのみなさま、ビックリしました。すごいことが起きました」と声高に意義を唱えた。

1人が2人出したと思われた可能性を指摘されたが「ちゃんと僕の名前で出しました。勘弁してください」とぼやきが止まらなかった。

「吉本坂46」はアイドルグループ・乃木坂46欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト。第一次審査合格者が22日、発表され、エントリー数1747人から、第一次の書類審査で751人が通過した。また、落選者から不満が続出し、敗者復活戦が実施される予定となっている。

イベントでゆうへいは“変な人”を紹介し、こうへいは漫画『キャプテン翼』に出てくる“面白い”シュートを解説していた。『語ルシス』は4月1日も同所で開催される。

『ポストよしもと』はお笑いだけにとどまらない、あらゆるジャンルのエンターテイメントの才能を発掘・育成・確立していくための劇場。従来の寄席を中心とした劇場ではなく、笑いの常識にとらわれない、次のよしもと=”ポスト”よしもとを目指し、新しいエンターテインメントを届ける自由な空間を目指す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.