くらし情報『身長172cm「黒船の再来」アンジェラ芽衣、東京ガールズコレクションのランウェイに登場 グラビア発でモデルとの“二刀流”極める』

身長172cm「黒船の再来」アンジェラ芽衣、東京ガールズコレクションのランウェイに登場 グラビア発でモデルとの“二刀流”極める

2018年3月31日 21:21
 

関連リンク

・女子アナと野球選手婚の終焉、次のターゲットは「稼ぎと蓄え」がある資産家芸人
・サッカー日本代表監督の解任騒動にファンは「しらけ気味」
・イラストレーターMika Pikazo、フォロワー20万人突破に感謝「レベルロボチカのリリィちゃん」公開
グラビア発の本格モデルを目指すアンジェラ芽衣。

グラビア発の本格モデルを目指すアンジェラ芽衣。


昨年5月、初グラビアで『週刊プレイボーイ』表紙を飾り、グラビア界に彗星のごとく現れたアンジェラ芽衣が、21日開催の『KANSAI COLLECTION 2018 SPRING & SUMMER』に続き、31日開催の『第26回東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER』のランウェイにデビュー。TGCランウェイモデルによる「TOKYOGIRLS RUN~SEASON2018-2019~」専属モデルにも起用されることが決定した。2018年もモデル×グラビアの活躍を加速させるアンジェラのインタビューが届いた。

2017年5月に、グラビア初登場で週プレ表紙を飾ったのち、ヤングジャンプ、FRIDAYなど多くの雑誌にグラビア出演。夏にはテレビCM「黒騎士と白の魔王」のメインキャストやコスメ美容系のイメージモデルに抜擢。身長172cmの抜群のスタイルと、ハーフの美貌を武器に“黒船の再来”としてグラビア界を席巻したアンジェラ。2018年に入入り、モデル界の2つのビッグイベントでランウェイデビュー。モデルとグラビアの二刀流を究極の形で実現した。

■アンジェラ芽衣インタビュー

――この仕事を始めたきっかけは?

「もともと私は引きこもりなんです。だけど、なぜか写真を撮られることが好きで(笑)。写真って、たくさんの表現を詰め込むことができる宝石箱のように思ってて、私も自分自身で宝石箱を輝かせたい!って思えた時があって。そんな時に事務所から声を掛けていただいて、気づいたら私が表紙の雑誌がコンビニに全部に並んでるーーー嬉しいーー!みたいな展開でした」

――ランウェイへの挑戦に向けて考えたことは。

「今、少し水着のお仕事をセーブしてて…。本当はもっともっと沢山水着を着て雑誌に出たかったんですけど。モデルと言う新たな挑戦をするために、自分を納得させるためにも、人に納得してもらうためにも、どうしても多くの時間が必要で。それに向けて集中するためにも、楽しくて仕方がなかったグラビアの撮影も一度リセットして、減らすことが必要でした」

――2018年、本格的なモデルデビューに向けて葛藤があったそうで。「実は私、モデルを目指すことを素直に受け入れられなかったんです。正直、自分の武器や価値がわからなくて。写真を撮られるのは好きだったから、グラビアは自然にできたんですが、モデルはまた違った能力が必要だと思ってて…。私にできるんだろうかと不安でした」

――そこからモデルの仕事に向き合うことができたのは?

グラビアの仕事を減らした代わりに、ウォーキングレッスンやジムワークなど、今までやったことが無い”努力”が始まりました。正直、今まで努力という努力を私はしたことが無くて。レッスンでも『内気さが出てる』『表現力が足りない』って言われる毎日で、その結果、自信不足と不安とストレスで7キロくらい太ってしまって…。グラビアでもモデルでも使えないという状況に陥りました。だけど20歳を迎えて、自分でも変わらなきゃって強く思うことができたし、一緒にウォーキングレッスンをしている仲間や献身的に支えてくれる事務所の方々を見て、一から頑張ろうと思いました」

――今後、アンジェラさんが目指すものは?

「少し前から“モグラ”っていう言葉が流行っていますが、それはモデルをやられてる方がグラビアに出ると言うパターンだと思うんです。私は『グラビアをやらせてもらって、そこからモデルさんになる』、っていう、新しいパターンの“モグラ”を目指したいって思ってます。でもモデルさんとグラビアでは全てが違う。写真1つにしてもポージングだったり、表情だったり全てが違うんです。私はまだまだモデルさんでは無くて、一歩歩くのも考えながら歩かなければいけない状態なんですが、2年、3年掛けてでも、『私、モデルです』って言えるように、必ず努力します。そしてまたグラビアのお仕事も積極的にやっていきたい!“見たよっ”ってSNSなどにコメントをもらえることがすっごく嬉しいんです。そして全ての方々へ写真の素晴らしさを、少しでも伝えたいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.