くらし情報『ポストよしもと、こけら落とし公演でジャンル不問の5時間爆笑トークショー』

ポストよしもと、こけら落とし公演でジャンル不問の5時間爆笑トークショー

2018年4月1日 08:00
 

関連リンク

・城田優、大原櫻子の“ボディタッチ”を心配「その気になっちゃいますから…」酔った姿も明かす
・ブッシュ元米大統領の亡き妻バーバラさんへ 孫の手紙に米国民が涙<動画あり>
・フィフィ、福田元事務次官のセクハラ疑惑に「指摘すべきはそこじゃない」
『ポストよしもと』のこけら落とし公演『語ルシス』に出演した近藤岳登氏(C)ORICON NewS inc.

『ポストよしもと』のこけら落とし公演『語ルシス』に出演した近藤岳登氏(C)ORICON NewS inc.


吉本興業が新たなエンターテインメントを届ける発信基地とする大阪・西梅田の『ポストよしもと』が3月31日、オープン。こけら落とし公演として『語ルシス』が開催され、芸人、弁護士、元プロサッカー選手がジャンルを問わないトークで5時間にわたる長時間イベントを盛り上げた。

『語ルシス』は語りたいことがある芸人、文化人、スポーツ選手などが1人10分、テーマを持って熱く語るイベント。ほんこんが趣味のサーフィンの話をすれば、藤崎マーケット田崎佑一は人間ドックの大切さを語るなど十人十色の10分間の使い方をしていた。

見取り図のリリーはビールをテーマにトーク。最後は“ビール1年禁止”をかけて4メーカーの利きビールに挑戦した。自信満々だったが、いざやってみると「全然、わからん」と苦笑い。あえなく2つ目で失敗し「以上、リリーでした」と逃げるように舞台を去った。聞き手を務めていたバッファロー吾郎の竹若元博は「1年飲むなよ~」と追い打ちをかけ、会場は大爆笑だった。

そんな芸人が揃う中でも大いに盛り上げたのがヴィッセル神戸で活躍した元プロサッカー選手の近藤岳登氏と弁護士の角田龍平氏だ。近藤氏はサッカー選手の懐事情を暴露。プロ野球とは入団時にもらえる金額が違うなどを熱く語り「A契約になってからがスタート」とためになる話もしていた。ただ、「『合コンで使えるサッカー選手査定講座』~Jリーガー詐欺に引っからない心構え~」も開催するなど持ち時間を大幅にオーバーする18分間もしゃべり続け、MCを苦笑いさせた。

角田弁護士は法律知識を用いたクスッと笑えるB級事件を紹介。ビニールフェチ男がビニールハウスからビニールを切り取るのが、器物損壊罪と窃盗罪のどちらにあたるのかなどを解説し、会場を爆笑させていた。

この日は聞き手として竹若、平成ノブシコブシ徳井健太福本愛菜が参加。テーマトークにはウーイェイよしたか(スマイル)、藤崎マーケット、ほんこん、吉田たち、ダブルアート、ラニーノーズ、近藤氏、見取り図、ロングコートダディ、角田弁護士、ギャロップ、ナダル(コロコロチキンペッパーズ)、からし蓮根、プリマ旦那が出演し、MCは瀬戸洋祐(スマイル)が務めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.