くらし情報『ラジオパーソナリティー・日高晤郎さん死去 74歳 北海道STVで35年間冠番組』

ラジオパーソナリティー・日高晤郎さん死去 74歳 北海道STVで35年間冠番組

2018年4月3日 12:45
 

関連リンク

・『オースティン・パワーズ』のヴァーン・トロイヤー、49歳で波乱の人生に幕
・御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは
・セグウェイ体験できる日本初の大規模専用フィールド「自分の身体が拡張されていく!」

74歳で亡くなったラジオパーソナリティー・日高晤郎さん

74歳で亡くなったラジオパーソナリティー・日高晤郎さん


北海道・STVラジオ『ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー』のパーソナリティーで知られる日高晤郎(ひだか・ごろう)さんが3日午前10時48分、悪性腫瘍(脂肪肉腫)のため74歳で亡くなった。同日、STVの公式サイトが伝えた。

日高さんは1978年34歳の時にSTVラジオの番組を担当して以来、40年間にわたり同局の看板パーソナリティーとして活躍。83年39歳の時にスタートした『ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー』では歯に衣着せぬ語り口が人気を呼び、以来35年間にわたって毎週9時間の生放送を続け、北海道民に愛されてきた。

公式サイトでは「今年に入ってから悪性腫瘍(脂肪肉腫)が見つかり、通院をしていましたが、本人の強い意思により、先月までステージの司会進行、番組出演などを精一杯こなしてこられました。しかし、今朝から容態が急変し、今日午前、帰らぬ人となりました」と亡くなる直前まで精力的に活動していたことを伝えている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.