くらし情報『加藤茶、“三兄弟”左とん平さん・小野ヤスシさんとの別れ「末っ子として寂しい」』

加藤茶、“三兄弟”左とん平さん・小野ヤスシさんとの別れ「末っ子として寂しい」

2018年4月3日 14:18
 

関連リンク

・沖縄国際映画祭、来年の開催も決定 EDライブでサプライズ発表し11年目へ
・島袋寛子、地元で「Body&Soul」熱唱! 沖縄国際映画祭ライブで会場沸かす
・スレンダーボディで話題の生牡蠣いもこ、思わぬ暴露に大慌て
左とん平さんをしのんだ加藤茶 (C)ORICON NewS inc.

左とん平さんをしのんだ加藤茶(C)ORICON NewS inc.


タレントの加藤茶(75)が3日、東京・青山葬儀所で、2月に亡くなった俳優・左とん平さん(享年80)のお別れ会に参加した。弔辞を読み「何をやるにも小野ヤスシさんと3人でした。捕まったのはとんちゃんだけでした。」「『加藤、芝居やらないか。舞台は面白いぞ』と舞台に誘ってくれたのが、とんちゃんでした。そこが、(いかりや)長介さんと違うところです」と思い出話に笑いも入れつつ「寂しくて仕方がないよ」と声を震わせた。

左さんとは、ドリフターズのコメディー映画の出演などがきっかけで親交を深め、2012年に亡くなったタレント・小野ヤスシさん(享年72)の葬儀・告別式では、左さんと一緒に弔辞を読んだ加藤。「とんちゃん、思い出がたくさんあるんで、色々と書いてきました」と、左さんや小野さんとの思い出を読み上げた。

お別れ会の後の囲み取材では、入院する1週間前に女優の浜木綿子と芝居仲間と食事をしたそうで「その時は元気で、まさか入院するとは思わなかった」と驚いたと告白。加藤は小野さんと左さんと親交が深いことから”三兄弟”と呼ばれており「三兄弟と言われてうれしいけど、上が先に居なくなって末っ子としてさみしい」と別れを惜しんだ。

左さんの入院3ヶ月後に見舞いに訪れたことも明かし「『早く良くなって麻雀やろうな!』と言ったら、話はできなかったけど、目を開いてニヤっとしてくれて…」と回顧。最後に闘病生活と戦った左さんに「もう頑張らなくてもいい。ゆっくり休んで」と語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.