くらし情報『齊藤工監督&高橋一生、映画の舞台あいさつを盛り上げる「縁の下の力持ち」に密着』

齊藤工監督&高橋一生、映画の舞台あいさつを盛り上げる「縁の下の力持ち」に密着

2018年4月5日 11:15
 

関連リンク

・パリジェンヌ風玄米サラダ(辻仁成「ムスコ飯」第169飯レシピ)
・田口淳之介マネージャーに恋人・小嶺麗奈がまさかの就任宣言
・武井咲 ファンクラブ解散へ!復帰報じられるも育児専念を希望
齊藤工監督(写真)と高橋一生がタッグを組んだ映画『blank13』の公開初日舞台あいさつの舞台裏を取材(C)テレビ東京

齊藤工監督(写真)と高橋一生がタッグを組んだ映画『blank13』の公開初日舞台あいさつの舞台裏を取材(C)テレビ東京


抱かれたい男のトップにランクインする、齊藤工(監督)と高橋一生(主演)がタッグを組んだ映画『blank13』の公開初日舞台あいさつの舞台裏を取材。6日放送のテレビ東京系『アッパレ!日本の縁の下さま~隠れたスゴい職業応援バラエティー~』(後6:55~8:50)で放送される。

映画公開初日。この日は映画館を3ヶ所も巡る過密スケジュール。早朝から、齊藤監督に密着開始。映画館に到着すると、ガチのすご腕ボディーガードが登場。控え室には、主演の高橋をはじめ、俳優陣がギッシリ。そして、ある「縁の下さま」を中心に舞台あいさつでどんなトークを行うのか、出演者の間で打ち合わせが始まった。結果、舞台あいさつは、打ち合わせを経て生まれた、高橋の爆笑エピソードで大盛り上がり。「縁の下さま」をきっかけに、齊藤&高橋が垣間見せる素の映像をカメラが捉えた。「縁の下さま」の仕事とは?

さまざまなトップランナーたちを「縁の下の力持ち」として支える職業を発掘する「縁の下さま」応援バラエティー。普段はスポットライトの当たらない彼らに密着し、知られざる技や熱い思いを取材する。見たことのない業界の裏側、予定調和ではないロケ、一風変わった職業バラエティー。昨年10月7日の昼に放送された番組の第2弾がゴールデンタイムに登場。前回は、相撲の土俵に使われる土だけを国内で探し、提供する仕事だけで生計を立てる土業者、フィギュアスケートの靴の先の刃だけを研ぎ続け、生計を立てる研磨師、国会に欠かせない氏名標を作っていた元蕎麦屋さんなどを紹介した。

梅沢富美男が同局のゴールデン帯の番組初MCを務めることにもなる今回は、6月のW杯本番を目前に控えるサッカー日本代表の、最終選考を兼ねた合宿に潜入。ハリル監督の口から代表メンバーが発表された瞬間、ドタバタと代表合宿の準備を始める「縁の下さま」たちに密着した。選手たちが宿泊している5ツ星ホテルに潜入成功。知られざるサッカー日本代表の裏側、歴代監督から厚い信頼を受けるスゴい縁の下さまが明らかに。取材クルーもベルギーまで遠征し、代表選手を横目に「縁の下さま」に密着。長友佑都選手も熱く語る。

国民栄誉賞を受賞した天才棋士、羽生善治竜王を支える縁の下さまにも密着。「これはすごい技ですねっ!!」と、いつもは冷静な羽生竜王も思わずテンションが上がってしまう、愛用の駒職人さんの作業工程を紹介。さらに、タイトル戦が行われる前夜祭に潜入し、白熱するタイトル戦の裏側で奔走する「縁の下さま」を紹介する。

2020年東京五輪のメイン会場、新国立競技場の設計に携わった隈研吾氏の「縁の下の縁の下」まで、掘っていくと、隈氏も「こんな方がいたんですね!知らなかった!」と驚く「縁の下さま」を発見。大事故で夢をあきらめざるを得なかった元大工の感動の「縁の下ストーリー」が。落語界のホープ、林家たい平の縁の下には、彼の落語に魅了され、ノーギャラでサポートし続ける人々がいた。この番組きっかけで、知ることができた熱い思い。たい平も目頭を熱くした、人情物語を紹介する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.