くらし情報『清水アキラ、三男・良太郎との共演「二度とするつもりはない」』

清水アキラ、三男・良太郎との共演「二度とするつもりはない」

2018年4月5日 14:13
 

関連リンク

・前澤友作氏、剛力彩芽との"真剣交際"を宣言「昔からファンでした」
・国分太一、山口達也と会見後に面会 「甘えた言葉聞きたくなかった」と本音も
・ザ・ダークネス、ライブアルバムをリリース
息子・良太郎との共演は「二度としない」と宣言した清水アキラ (C)ORICON NewS inc.

息子・良太郎との共演は「二度としない」と宣言した清水アキラ(C)ORICON NewS inc.


タレントの清水アキラ(63)が5日、東京・三越劇場で行われた、ものまねコンサート『昭和を飾ったあの人この人そして、、、、』公演後の囲み取材に出席。昨年10月に覚せい剤取締法違反(使用)罪で逮捕された三男の良太郎(29)が同12月に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を受けて以来、初のコンサート。清水は「できれば、せがれと同じ舞台に立ちたかった」と本音をこぼしつつ「二度とせがれと一緒に同じステージを踏むことはない」と宣言した。

現在、良太郎とは別々に住んでいるそうで「世間を騒がせて信用がない、家族にも信用がない。まず、家族の信用を得るために一生懸命、頑張っていると思います」とし「新しい仕事を始めたとかは私のところには届いてきていない」と報告。

良太郎の今後については「(芸の道は)多分できないと思う。ライトが当たるところが見えない。勝ち得た信用は、すぐにあふれるように失われていく。私ですら時間がかかっているのですから。あとは自分で上がっていくだけ」と語りつつ、「家族として協力していくことは怠らない」と親心の心境もみせた。

記者から「何年かかるかわからないが、世間からの信用を得て同じ舞台に立つ気持ちはあるのか」と聞かれたが、清水は「死ぬまでないと思う。何年この仕事やれるのかわからないけど、一年半前に(銀座)博品館でやったのが最後なんじゃないのかな」と回顧。続けて「本人が芸能界に復帰できたとしても、(私と一緒に舞台に立つことは)ひとつも考えていない。二度とそういうことをするつもりはない」と唇をかみ締めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.