くらし情報『アニメーション監督・高畑勲さん、肺がんで死去 82歳 『火垂るの墓』など』

アニメーション監督・高畑勲さん、肺がんで死去 82歳 『火垂るの墓』など

2018年4月6日 10:39
 

関連リンク

・『オースティン・パワーズ』のヴァーン・トロイヤー、49歳で波乱の人生に幕
・梅田彩佳、元AKB48増山加弥乃と再会「ステキな大人な女性になってました」
・セグウェイ体験できる日本初の大規模専用フィールド「自分の身体が拡張されていく!」

アニメーション監督・高畑勲さんが死去 (C)ORICON NewS inc.

アニメーション監督・高畑勲さんが死去 (C)ORICON NewS inc.


映画『火垂るの墓』の監督などで知られる日本アニメーション界の巨匠・高畑勲さんが5日午前1時19分、肺がんのため都内の病院で亡くなった。82歳。6日、スタジオジブリが書面で伝えた。

高畑さんは東京大学を卒業後、東映動画(当時)に入社。その後、同社で出会った宮崎駿監督(77)とともに制作会社を移籍し『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』などヒット作を手がける。

1985年には宮崎監督とスタジオジブリの設立に参加。『火垂るの墓』(88年)、『おもひでぽろぽろ』(91年)、『ホーホケキョ となりの山田くん』などのヒット作で監督を務め、2013年11月に公開された『かぐや姫の物語』は米アカデミー賞の長編アニメーション映画部門賞にもノミネートされた。

通夜および葬儀は近親者のみで執り行い、5月15日に「お別れの会」が営まれる予定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.