くらし情報『乃木坂46・3期生、舞台で最大の不安は鼻水? 伊藤理々杏「花粉症に勝てるように…」』

乃木坂46・3期生、舞台で最大の不安は鼻水? 伊藤理々杏「花粉症に勝てるように…」

2018年4月6日 18:30
 

関連リンク

・長瀬智也、守りたいものは「愛する人」
・河北麻友子、ほっそりウエスト披露 圧巻オーラで沸かす<ViVi Night>
・瑛茉ジャスミン、ビキニが透ける大胆衣装がSEXYすぎ<ViVi Night>
(前列左から)向井葉月、梅澤美波、伊藤理々杏、中村麗乃、(後列左から)佐藤楓、岩本蓮加、吉田綾乃クリスティー、阪口珠美

(前列左から)向井葉月梅澤美波伊藤理々杏、中村麗乃、(後列左から)佐藤楓岩本蓮加、吉田綾乃クリスティー、阪口珠美


人気アイドルグループ・乃木坂46の3期生が6日、東京・天王洲アイルの銀河劇場で舞台『星の王女さま』のゲネプロ&囲み取材を開催。登壇者は症状に差はあるものの花粉症だそうで伊藤理々杏は「花粉症に勝てるように頑張ります!」と意気込んだ。

同作は、サン=テグジュペリの代表作『星の王子さま』をモチーフにした作品。多くの歌やかわいいダンスでつづるシニカルSFファンタジー。伊藤のほか、岩本蓮加、梅澤美波阪口珠美佐藤楓中村麗乃向井葉月吉田綾乃クリスティーの8人が出演する。

向井は「オタクの役。自分がオタクをイメージしたときに家に引きこもって外に出るのが苦手で、外に出ると挙動不審になっちゃうようなのを想像した。ほかの役とは違うオドオドした感じに注目してほしいです」とにっこり。中村は「すごくかっこいい女性のキャリアウーマン役。この8人の中で唯一、強めなキャラクターなので刺激になれば」と力を込めた。

佐藤は「この中では唯一、暗めな役。感情も、あまり表に出さないんですけど、後半きっかけがあって雰囲気も人柄もガラッと変わるのが見どころです」とアピール。坂口は「偽装キラキラ女子の役。今までにやったことがないぐらいブリブリ。これからも恥ずかしくてできないぐらいのぶりっ子を全力で演じる」と役どころを語った。

吉田は「潔癖症の女の子。外気に触れるのも嫌で除菌スプレーを常に持ち歩いている。私自身が潔癖症じゃない。そこが苦労した」と明かし、また頻繁に絡みのある向井の演技がツボだそうで「挙動不審過ぎて笑いをこらえるのが…。それに一番、気を張りますね」と笑顔だった。

また、ゲネプロ中もくしゃみをするメンバーがいるなど花粉にやられているという。バラ役の岩本だが「私はひどくて、演技中に花がつまる。歌っているときも、ずっと鼻声。伝わらないんじゃないかと、すごく心配。ふるーつの『もも』というせりふも『ぼぼ』になっちゃう」と恥ずかしそうに告白。伊藤は「花粉症に勝てるように頑張ります!」と意外な敵に勝てるように気合十分だった。

この舞台に出演するメンバー8人は3期生の中で選抜に入れなかったメンバーでもある。伊藤は「いつもは3期生の12人でやっていたんですけど4人が選抜に入った。今回は選抜4人を除いた8人でやる。この8人でも来てくださった方に感動して心に届くような舞台をしたい」と力強く語った。

梅澤も「3期生の4人がいない8人と思われたくない。私たちも強い気持ちを持っている。与えられた試練だと思っている。これを、8人で乗り越えて、どう頑張っていくかが大切。苦戦しながら、きょうまで頑張ってきた」と宣言し「まだチケットも残っている。当日券もあって悔しい。いろんな発信をして千秋楽まで頑張っていきたい」と野心たっぷりに語った。

同舞台はきょう6日から15日まで同所で、4月26日から28日まで愛知・春日井市民会館で上演する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.