くらし情報『テレビ東京『青春高校3年C組』“個性的すぎる”最初の入学生3人決定 』

テレビ東京『青春高校3年C組』“個性的すぎる”最初の入学生3人決定 

2018年4月6日 23:42
 

関連リンク

・『オースティン・パワーズ』のヴァーン・トロイヤー、49歳で波乱の人生に幕
・トレーナー・AYA、メディア露出で多忙も「楽屋でトレーニングしている」 恋愛にもストイック
・“かわいすぎる音大生”みうらうみ、大反響を受け『FRIDAY』スピード再登場
テレビ東京『青春高校3年C組』最初の入学者になった(左から)鈴木七瑠、大下美瑠、佐藤諒(20) (C)ORICON NewS inc.

テレビ東京『青春高校3年C組』最初の入学者になった(左から)鈴木七瑠大下美瑠佐藤諒(20) (C)ORICON NewS inc.


テレビ東京で今月2日より新番組『青春高校3年C組』(月~金後5:30~5:55※関東ローカル)が“生放送”で開校。初回から担任の先生(メイプル超合金)がブッキングミスで欠席し、急きょカンニング竹山が代理を務めるドタバタの幕開けとなったが、無事、第1週の放送を終え、晴れて3人(1人は補欠)の“入学”が決定した。

AKB48グループや乃木坂46欅坂46のプロデューサーを務め、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛ける秋元康氏とテレビ東京がはじめた同番組は、二十歳までの若者たちを巻き込みながら、イケメンや美女ばかりではないいろんなキャラがそろった理想のクラス「3年C組」を作っていく生放送のバラエティー。

月曜~木曜を通して、生徒候補者6人がさまざまな企画に挑戦。金曜の最後にクラスの生徒1人を決定し、毎週、クラスの生徒を増やしていく予定だったが、1週目からいきなり補欠を含めて3人の入学が認められる、予定調和を破る結果となった。

初回から出演した生徒候補者は、曽根澤玲菜(17)、賢慈デリナラ(17)、佐藤諒(20)、バズリー ジャシュア(20)、鈴木七瑠(17)、大下美瑠(16)の6人で、番組のコンセプトを強くアピールするかのごとく、美男美女だけじゃない、個性的な6人がそれぞれ自分が持っているものを惜しみなく発揮して番組を盛り上げた。結果、入学が決まったのは、佐藤、鈴木、大下の3人。

佐藤は「この番組で人生変えてやる」と応募した大学生(ただし休学中)。番組内で「童貞」をカミングアウトし、「火曜と水曜は面白いことが言えなかった」との反省から、木曜にはセットを壊し、金曜の「リップシンク」(口パク動画)企画でカメラに寄りすぎて放送事故レベルの顔をさらすなど大活躍。たったの5日、されど5日の出演経験で「僕みたいなヤツでも青春を送れるぞって。バカバカしい自分の姿を見せて悩んでいる人を元気づけられたらいいな」と思えるまでに“成長”を見せた。

大下は「なんでもオペラ調に歌える」特技を持ち、『きかんしゃトーマス』のトーマスに顔が似ているということから、「トーマス」と呼ばれると「ぽっぽー」と答えるネタでSNSでも話題になった。この5日間、「正直、長く感じて。いつもはあっという間なのに、それだけ内容が濃かったからだと思う」と心境を吐露。聞けば、午前中は部活(ダンス部)をやり、午後は“青春高校”に通っていのだから無理もない。バイトもやっているそうで、来週からますます忙しくなりそうだ。それでも「新学期になって、学校楽しくないなと思う人もいると思うから、ちょっとでもこんな学校いいなって、思ってもらえるような番組にしていけたら」と意欲的に語っていた。

“補欠”入学となった鈴木は、受験生なのに「母親が勝手に応募」して、番組から呼ばれるままに出演し、本人曰く「普段どおり」にしゃべって、振る舞って、結果、笑いをとって“合格”に滑り込んだ。ほかの2人も「心の中で、こいつすごいと思っていた」(佐藤)、「最初はテレビ用にキャラを作っているのかと思ったら、裏でもそのまま。むしろ裏の方がすごい」(大下)といい、火曜日の担任・小峠英二バイきんぐ)には「スーパーサイコ野郎」とツッコまれていたほど。鈴木は「自発的に行動できないので、自分から行動できるようになるすべを学べたらいいなという気持ちがなきにしもあらず。家でスマホをイジっているより、生身の人間と話しているほうが楽しくて、有益」と、“補欠”の扱いがどうなるか現時点でわからないながらもやる気を見せていた。

来週(9日~13日)はどんな生徒候補が“教室”に登場するのか。第1週で入学できなかった3人も再びオーディションからやり直すこともできるという。生徒もまだまだ募集中。

同番組は、4月にサービス開始した定額制動画配信サービス「Paravi」(パラビ)のほか、「SHOWROOM」「YouTube」「LINELIVE」「ニコニコ生放送」「GYAO!」でライブ配信。「Paravi」と「ネットもテレ東」では見逃し配信も行っている。

■公式ホームページ
http://www.tv-tokyo.co.jp/3-c/

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.