くらし情報『竹原ピストル、『Uta-Tube』初登場 ライブにかける思いも語る』

竹原ピストル、『Uta-Tube』初登場 ライブにかける思いも語る

2018年4月6日 15:25
 

関連リンク

・ジェイ・Zの母親にGLAADメディア賞特別賞授与
・「モンテ・クリスト伯」登場の高杉真宙に「唯一の癒やし」と反響 うっすら髭のビジュアルにも注目
・有働アナ、マツコ&くりぃむらの芸能事務所入り「当初は1人で…」
NHK名古屋放送局制作の音楽番組『Uta-Tube』4月7日・14日の2週連続で竹原ピストルが登場(C)NHK

NHK名古屋放送局制作の音楽番組『Uta-Tube』4月7日・14日の2週連続で竹原ピストルが登場(C)NHK


NHK名古屋放送局制作の音楽番組『Uta-Tube』(毎週土曜前10:55~11:15※中部7県の総合テレビ)が、4月から放送開始7年目に突入。タレントの鉄平とともに、新たに橋詰彩季アナウンサーがMCを担当する。そんな新年度の初回ゲストは、昨年『NHK紅白歌合戦』に初出場し、大きな反響を呼んだ竹原ピストル。7日と14日の2週にわたって放送される。

竹原は、1999年、「野狐禅(やこぜん)」を結成し音楽活動を本格化させ、2003年にメジャーデビュー。09年解散後、ソロ活動をはじめ、毎年約250本のペースでライブを行ってきた。そんな竹原は、番組収録のためのスペシャルステージでも魂のこもったパフォーマンスを披露。

終了後、竹原は「すごく楽しかったです!もっともっとアウェイな雰囲気をイメージしていたので緊張していたんですが、登場するやいなや温かい拍手で迎えてくださって、緊張がほぐれて歌に集中することができました。初めてお会いする方もたくさんいたはずなのに、皆さんに感謝です。今回のステージは、新しいアルバムから中心に選曲しました。春にリリースするのにぴったりな、前向きな気持ちがこめられている歌が多いので、この季節のお客様にぜひ聞いて欲しいと思って歌いました」。

トークコーナーでは「自分がどれだけライブ活動を大事にしているか、自分がどれだけライブを好きか、ということをたくさん語らせていただきました。自分にとって音楽活動の核になるのがライブ活動で、今日はその気持ちが伝わるようなライブを我ながらできたのではないかと思っているので、ぜひ見ていただきたいです」と話していた。

■歌唱曲
<Part-1>4月7日放送
「よー、そこの若いの」
「オーバー・ザ・オーバー」

<Part-2>4月14日放送
「Forever Young」
「ゴミ箱から、ブルース」
「ぼくは限りない~One for the show~」
「Amazing Grace」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.