くらし情報『生瀬勝久、“憧れ”竹中直人と舞台で3度目タッグ「至福の時間」』

生瀬勝久、“憧れ”竹中直人と舞台で3度目タッグ「至福の時間」

2018年4月10日 13:48
 

関連リンク

・橋本環奈“神楽ヘア”のブリーチを心配する声に「いつもの2倍ケアはしてます」
・磯山さやか “唐揚げ食べる笑顔”とともにドラマ出演を告知「結婚詐欺にあいました」
・酒乱癖のあった山口達也に「準強姦未遂容疑」の可能性も
舞台『火星の二人』の会見&フォトコールに出席した(左から)生瀬勝久、上白石萌音、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.

舞台『火星の二人』の会見&フォトコールに出席した(左から)生瀬勝久上白石萌音竹中直人(C)ORICON NewS inc.


俳優の竹中直人(62)と生瀬勝久(57)が10日、東京・シアタークリエで行われた舞台『火星の二人』の会見&フォトコールに出席。2人がタッグを組む演劇シリーズ「竹生企画」の第3弾となり、生瀬は「僕は竹中さんに憧れてこの世界に入ってきた人間なので、今でも照れくさい。普段は(恥ずかしくて)口も聞けないような感じですが、舞台上で同じ板の上で楽しく過ごせて、至福の時間です」と改めて共演を喜んだ。

倉持裕氏が作・演出を務める同舞台は、さまざまな人物を巻き込み展開する、生き抜くことを巡る物語。ヒロインとして女優・歌手の上白石萌音が出演する。

竹中は「ここまで続けてきたことがすごい。3回で終わらせたくない」と今後に意気込み。上白石は、竹中と生瀬の芝居を間近で体感して「毎日けいこ場から落ち込んで家に帰っていました。こんなにお芝居って深いんだなって改めて感じました」と尊敬を込め、「でも楽しくて、学ぶことが多すぎてあふれてしまいそう」と充実感をにじませた。

同舞台は、きょう10日より同所にて上演。その後、大阪・愛知など全国を巡る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.